相模原と他所の葬儀場の違いとは何かを解説

一般的に葬儀は地域によって違います。西日本と東日本でも、通夜の後の通夜振る舞いの有無や、香典を受取る、否かなどでも異なります。神奈川県の中でも、川崎、横浜などの大都市と相模原などの郊外でも違いがあります。相模原は昔からのしきたりがあり、自宅葬が多いとされていました。通夜振る舞いでは参列者にも食事をふるまい、近隣も助け合って料理を作るなどしていました。しかし、近年、都市化により人口が急増し葬儀の形も変わりました。葬儀場、火葬場が人口に対し足りていない状況で、希望する葬儀場で行えず、ほかの地域で行うこともある状況です。葬儀では一般的に、出棺後火葬をして納骨、その後式場に戻って食事となりますが、相模原では出棺後次に式場を明け渡す為式場に戻ることが出来ません。その為火葬中に控室で食事をし、その後納骨してそのまま解散し火葬後に式のすべてを終了します。

斎場と葬儀社どちらから選ぶのが良いでしょうか

斎場は通夜や葬儀告別式を行う場所のことです。相模原の斎場には公営斎場や民間の斎場、の他に葬儀社が所有している斎場があります。公営や民間の葬儀社が所有していない斎場で葬儀をする場合、葬儀社が必要になり、こちらの葬儀社の方が多くあります。また、斎場を所有している葬儀社でも、民間の貸斎場や公営斎場を利用している場合もあり、どちらを先に選べばよいのか分かりづらいところです。ここ、と決めた斎場が日程などの事情によって変わることが良くあります。そんな時に地域をよく知らない葬儀社ではどう対処していいか分からず、的の外れた提案をしてくることがあるのです。斎場選びはおおよそ代替えのできる場合がほとんどですが、葬儀社選びは斎場に対する対応力をみて厳選したほうが良いでしょう。葬儀社選びを間違わなければ斎場は問題ないといえます。

葬儀には故人、家族の希望によっていろいろあります

葬儀は故人の希望通りやってあげるのがよいですが、見送る家族の状況で色々な形があります。低価格なプランでは数名で火葬のみのプランで通夜や告別式を行わず、必要最低限で行えるものもあります。これには無宗教者向けに仏具を省いたさらに小さなプランもあります。また、通夜式だけを行わない1日葬は高齢の遺族や遠方からくる方の負担を軽くでき、かつ葬儀の流れはしっかり行えるので周りの理解を得やすいようです。通夜、告別式を家族や親せきのみでゆっくりと行うことが出来る家族葬もあります。これは仕事関係者や近所の方など儀礼的な弔問がありません。それとは別にお寺と付き合いのない人向けにお坊さんの手配もしてくれるプランなど、事前にホームページで色々比較して検討できるようになっているので相模原での葬儀でも自宅にいながら色々比較して検討してきめることが出来るでしょう。